2013年5月18日土曜日

3DConnexion SPACEBALL 5000 Serialを買ったよ。

Google+にて +Fumitake Ishibashi さんがポストしてた コレ をみて、おおおおと早速その次の日の2013年5月13日月曜日に買いに行きました。GFIIにてジャンク扱いの 300円なり。


いやなんでコレ買ってきたかというと、おいら昔は AutoCADとか使ってたので、こいつの存在は知ってたのですが、当時は結構高く手を出すのも…な感だったのです。まぁ、300円だったら、てのと、なんか用途がはっきりしてないままってのが可哀想だったので…つい。。


これ USBのやつと RS232Cのやつとあって、今回ジャンクで出てたのは RS232C版の方。

でおいらのマザボさんシリアルポートがないので、秋月寄って USBシリアル変換ケーブル を900円でついでに買っておきました(こうやって要らないものが増えていきます)


外でたたき売りされてたので、おうちに持って帰ってきてからエアダスタとマイクロファイバータオルで綺麗にしてあげました。

でこんな感じに。



…綺麗にみえるでしょうか。
なんかスペースボール側のケーブルが鬼のように長かったのでダイソーのケーブルまとめるやつで巻き巻きしてやりました。


秋月のUSBシリアル変換ケーブル、チップに Prolificの PL2303を使ってるらしいので、 Prolific のサイト行ってドライバを ダウンロード しインストール。

あとは 3DConnexion のサイトで SPACEBALL 5000 Serialの 3DxSoftware 2.8.2を ダウンロード
こん中にシリアル用ドライバの最終バージョンがつまってるのでインストール。

あとはUSBぶっ挿して遊ぼうナーウ



声が小さすぎたね。。

えっとゴニョゴニョ言ってるのは…

「こんなことできるよ」
「マウスだけじゃ操作できないようなことができるよ」
「古いデバイスだからとりあえずいま使えてるのは Google Earthだけだよ。あと使えるとしたら 3DCADかな」
「3DConnexion最新の 3Dマウスなら多分いろんなアプリケーション対応できてるよ。」
「うぃーん」

…とまぁ、はい。



うぃーん…