2011年10月20日木曜日

魔改造したアンプ S.M.S.L SA-S1+を仕上げたよ。

前日の続きになります。

というか、ホントは続けてやりたかったんだけど、買ってきてたものが合わずに、昨日はとりあえずテストして寝ました。うん。

何が合わなかったかというと、


うん、結束バンド。

ニチコンのコンデンサを縛るのに 7cmのやつ買ってきてたんだけど、微妙に足りなかったのです。

てことで、縛っちゃえ。


バンドを通す穴は少しきつかったけど、まあ通らなくはないレベル。縛り完了。

ELNAのコンデンサよりニチコンの方が少し長いおかげで、リード線は根元付近で曲げハンダ付けしました。これでも写真の通り、手前の抵抗スレスレでした。

んじゃあ戻しに入ろう。


ちょっとその前に…一抹の不安を覚える場所があって、そう、ボリューム。
いや、前面パネルのボリューム軸穴の位置がね、ボリューム交換したことで、あれ軸入んない…なんてことが起きやしないか…と。



















































ぴったりでした!オタ「うおおおおおおおおおお!!!!」

これには少し感動。
ていうか、メーカー違っても同じ寸法なんかね。うむん。



あ、あとボリュームのつまみ。


右が元から付いてたやつ。直径測ったら 22mmでした。
左が買ってきたやつ Linkman 20X21 BPS-7っての。
マルツパーツ2号館で 22mmの探したんだけど良さげなのがなく、上記のモノがきゅんときたので買いました。20mmだけど、まぁ小さい分には問題ないだろうしってことで。



うら。純正(ていうのか?)のつまみ、ガワはアルミなんだけど、なかが樹脂。うむん。代わりに買ってきたのはフルアルミで出来ててネジ固定のしっかりしたやつです。


つまみつけて…配線戻して…




よし!完成!



…いや…フェノールのつまみも可愛いじゃない…ね?
飽きたらアルミのにします。